2012年11月08日

術後2日目

夜はあまり眠れなかったが、朝目覚めると体の調子はずいぶんと良くなった。

食欲もでてきた。

水分摂取は1日1,5〜2リットルが目標。腎臓のためにもたくさん水分をとらなくてはならない。




午前中に、初日に問診のあった学生さんからの術後の聞き取りがあった。

あれやこれやと聞かれ、聴診器で診察する。

めったにない機会なので、私も試しに聴診器を耳に当てさせてもらった。

・・・なんか聞えるけど、私にはよく分からないわ。。
大学病院だと勉強材料の患者さんが近くにいて便利だろうな〜。





午後、尿管が抜ける。
管がひとつ取れて嬉しい反面、遠いトイレに通うのは面倒だなと思ったり。

これ以降退院まで、トイレに行くたびに尿の量を測って記録していかなければならなくなった。



さらに、背中の痛み止めの管も抜かれることになってしまった!!
なんだか背中から液漏れする感覚があったのだが、管が抜けかかってしまっていたらしいのだ。

私にとってお守りのような痛み止め、、とってしまうのぉ・・・
昨日のような痛みは味わいたくない。

「昨日よりは痛みも軽くなっているはずですから、昨日のようには痛まないと思いますよ」

ということで、これからは飲み薬の痛み止めのみとなってしまった。



午後は看護士さんに洗髪してもらったり、着替えを手伝ってもらったり。
色々とお世話してくれて本当にありがたい。

ありがたいことに、この歳になるまで看護士さんにこのようにお世話になる経験はなかったのだが
若いときに経験していれば自分も看護士になりたいと思ったんだろうな・・

そのくらい白衣の天使さんたちは輝いて見えた。


痛み止めの管を抜かれてしばらくすると、傷のあたりがズキズキと痛み出した。
やはり飲み薬だけだと効き目が弱いようだ。

昨日のように悶え苦しむ程ではないが、じっとしているのもつらいので、気を紛らわすために病棟内をひたすら歩き回る。



夕食は普通食になった。

その後、口からの水分摂取も十分ということで、水分補給の点滴がはずれた。
これで体についている管はドレーンのみ。
ドレーンがとれれば退院できるらしい。


夜間はやはり痛みであまり眠れない。
ベッドが固くて背中も痛い上、傷口の痛みで寝返りもうてず。
よく寝てゆっくり休んで回復したいのに、ベッドが安らげる場でないのがつらい。

気を紛らわすため2時間ごとにトイレに行ったりしていた。










posted by mizu at 00:00| Comment(0) | 入院生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。