2012年06月21日

腎臓 精密検査(CT)

人間ドッグの結果をもらった1週間後、腎臓の精密検査に行きました。
CTで胴体の輪切りの写真をとるんだそうな。

13時からの検査で、朝食は抜き。
バリウムや血液検査するわけでもないのに、ご飯食べちゃいけないのはなぜかしら?

検査着に着替えると、看護師さんから造影剤についての説明があった。
患部を見やすくするために、造影剤とやらを体内に入れながら検査するらしい。
造影剤にはアレルギー反応する人もいるらしく、検査にあたって同意書のサインをさせられた。

はじめて聞く不気味な単語に動揺。

 「え?!造影剤って、バリウムみたいに何か飲むんですか?」

バリウム大嫌いだもん!!

 「飲むんじゃなくて、静脈に針を刺して造影剤を注入しながら撮影するんですよ。」

そっちも怖いよ〜あせあせ(飛び散る汗)


 「あ、あの、今授乳中なんですけど大丈夫ですか?」(汗)

 「あいにく母乳には造影剤の成分が入ってしまいますね。まぁ、検査後のおしっこで7,8割の造影剤は出てしまいますし、最低でも12時間、24時間もあれば完全に排出します。少し授乳は我慢してください」

そうか、今日は息子くんにはおっぱいあげられないのか・・・
夜泣きしたらどうすっかな・・
いよいよ検査室へ。

CTの検査台に仰向けに寝るように言われる。
両手はバンザイする形。

始めは造影剤なしでの撮影。
機械がウィーンと不気味な音をたて、私の上を通り過ぎていく。
なんだか洗車機の車になったみたい。

その後、やはり見えづらいので造影剤を入れて再度やるとのこと。

何よ〜、被爆量増えるじゃないの!


あれよあれよという間に腕に針が刺される。

「造影剤が入ると体が熱くなります。ガマンできないようだったら言ってください」

「じゃあ、造影剤注入しまーす。」

数秒後、体の中心部からものすごい熱さが襲ってきて動悸が激しくなった。


ひぇーーー。熱いよう


急激な体の変化にびっくりしつつ、洗車機が私の上を通り過ぎていった。


検査結果は1週間後だって。また息子くん預かってもらわなきゃなぁ。
会計で1万円近く払った。いや〜、痛い出費だわ。。

そんなに怖い検査したわけじゃないけど、終わった後は食欲もなくぐったり。
造影剤のせいか、夜まで頭痛がつらかった。
posted by mizu at 15:04| Comment(0) | 腎臓がん 発見まで | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。