2012年06月29日

K総合病院 泌尿器科 初診

結局、昨晩はほぼ眠れなかった。
色々なことへの不安、加えて息子くんが1時間毎にぐずったからだ。

ネットサーフィンで腎臓がんのことを調べてまわったので、病気についてはなんとなく大丈夫だろうという安心感があったが、息子くんのことへの不安感はいくら考えても底なし沼の様に広がっていく。


こんなんで余計に疲労ためこんだら、がん細胞が増殖しちゃうなぁ。。

泌尿器科の待合室は一番奥。
周りは、自分の父親よりも上のおじいちゃん達ばかりで、私のような女子はかなり浮いていた。



あれやこれやと考え事をしていると看護士さんが励ますように声をかけてくれた。

「大丈夫ですよ。私も息子が5ヶ月のとき悪性リンパ腫で入院してたんですけど、こうして元気に働いてますから。お子さんのことも、何とかなりますよ。小さいうちだと子供も記憶がないし、周りに頼って子育ては皆ですればいいんですよ。何か困ったことがあったら相談に乗りますから言ってってくださいね。」


私はよほど切羽詰った雰囲気だったのだろうかたらーっ(汗)
乳飲み子がいて、癌かもしれなくて、手術が必要で、、、

客観的に見ると私の状況って同情的ってことなんだろうな。

自分ではそんなつもりなかったのに・・




母は強いのだ!腫瘍なんかに負けてたまるか!

こんな風に優しい声をかけられてしまうと気が緩んでなんだか涙がにじんでしまった。


続きを読む
posted by mizu at 00:00| Comment(0) | 腎臓がん 発見まで | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月28日

腎臓 精密検査(CT)結果 その2

腎臓の治療は泌尿器科になるのだそうだ。

紹介先の希望を聞かれ、泌尿器科が評判のよい最寄のK総合病院が第一希望、
もしくは腫瘍の治療ができる泌尿器科のある病院で近いところがいいと伝えた。


息子くんのことを考えれば、入院するにも通院するにも通いやすいのが最優先だ。


* K病院は透析では評判がいいが腫瘍の治療の実績が少ないので、再度検査した結果違う病院にいかなけ ばならないかもしれない。
* Bの病院はすごく混み合っていて、「がん」の診断がないと紹介を受け入れてくれない。

ドッグではがんの診断まではしてくれない。

治療できそうもないK病院でまた同じ検査をしないといけないの?
なんとももどかしい。

とりあえずK病院へ対応できるか問い合わせてもらうと、
ドッグのCTフィルムを見て治療できるかどうか、できないならば他の所を紹介してくれるということになった。検査はしなくてもいいみたい。ほっ。

翌日の朝一番で見てくれることになった。


「では紹介状と写真を用意しますので受付でお待ちください。」




続きを読む
posted by mizu at 00:00| Comment(0) | 腎臓がん 発見まで | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

腎臓 精密検査(CT)結果 その1

息子くんを義実家へ預け、クリニック再訪。


私は育児のことで頭がいっぱい。
なかなか進まない離乳食のこと、便秘のこと、ここ数ヶ月続いている夜泣き・・・
結果を心配する余地はなく、当然いい結果をもらってサクッと帰るつもりでいた。

呼ばれるなり医師が
「ご家族は・・?」  

「主人がいますが。」
なんでいきなりその質問?

「お子さんは?」
なんだこの展開は〜〜

「10ヶ月ですけど・・」

「じゃあまだ大変だねぇ」
大変って何が?


彼は軽くため息をつく(ように見えた)とCTの画像についての説明が始まった。

続きを読む
posted by mizu at 00:00| Comment(0) | 腎臓がん 発見まで | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。