2012年11月11日

術後5日目(退院日)

昨晩もうなされてしまったバッド(下向き矢印)

傷口の痛み、背中の痛み、空調の不快感、大部屋特有の雑音など・・・もうウンザリ。
旅先の宿でも寝つきが悪い私は多分神経質なんだろう。

でもやっと今日でこんな夜からも開放されるるんるん




午前中に夫が迎えに来てくれた。


道もすいていて、お昼には帰宅。

夫の実家で、息子くんとご対面。
息子くんは毎日さみしくないように面倒をみてもらっていたようだ。

1日と離れたことがなかったので、久々に見る顔つきは変わっていて、行動も成長していた。
泣かれたらどうしようとドキドキだったが、はにかみながら少しずつ近づいてきてくれた。
忘れないでいてくれたみていでよかった〜


夜は自宅マンションで家族3人水入らず。

夕食は出来合いのものを夫に買ってきてもらって食べた。

とてもじゃないけれど、体が重く、テキパキと動き回るには時間がかかりそうだ。

息子くんがぐずってもおっぱいNG、抱っこNG、思い切り遊んでもあげられず
なんだか悲しくなってきた。

夜は息子くんがお腹に乗ってくるのが怖いので、夫に任せ別室で寝かせてもらうことにした。

明日はもっと良くなりますように・・・






本日のお会計

入院費(7日間) レンタルパジャマ代は別途発生
¥91,070−

健康保険限度額適用認定証をあらかじめ提出しているので、これが最終的な金額だ。

それにしても思っていたのより安い!
手術の値段って何で決まるのか分からないけれどあまり高額でなかったので助かった。











posted by mizu at 00:00| Comment(0) | 入院生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月10日

術後4日目

朝方、ようやく尿の色がピンク色から茶色っぽくなってきた。
朝食後、かすかにお通じあり。とりあえずよかった。

ベッドで体の向きを変えようとすると、酷い筋肉痛のような痛みと共に内臓がぐにゃっとうねるような感じがする。


ここで寝ているのはとにかくつらい。
今更だけど、ご飯もまずい・・
安静で過ごすなら自宅の方が回復が早そうだ。




担当医さんには明日退院したい旨お願いする。




退院後の注意点としては、

重いものNG (子供の抱っことか)
激しい動きNG

とりあえず、3週間後の外来受診までは安静ということだ。



入院前までは、退院したらすぐに息子くんのお世話しなきゃと思ってたが
しばらくは無理のようだ。


退院後は実家で母親の助言に従って、しばらくお世話になることにしたのだが
あらためてそれでよかったと思う。




午前中は久々の入浴。
傷口を見るのが少し怖かったけど、お風呂は最高に気持ちよかった!



午後はもう担当医さんやお世話する看護士さんが来るわけでもなく、ひたすらすることがない。

同室に私と同じように暇をもてあましている人がいたので、連れだって隣の外来病棟へ散歩へいく。


久しぶりの外の空気。
傷をかばいながらも、大分早く歩けるようになったと実感していたが、外に出てみると
周りの人のスピードに全くついて行けなかった。



退院できるってことは、病院にいなくても問題ないのだろうが、普通の日常生活が送れるようになるには少し時間がかかりそうだ。

posted by mizu at 00:00| Comment(0) | 入院生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月09日

術後3日目

朝、採血。 尿もたくさん出ている。

午前中は術後の状態を見るためのCT撮影があった。こちらも結果は良好。


午後、わき腹についていたドレーンの管と点滴の針がとれて、やっと自由になった。


腎機能も問題なく、退院はもういつでも大丈夫ですよといわれる。
意外にも早くてびっくり。

お腹の傷は、溶ける糸で縫ってあるから抜糸はしなくていいし、傷口の上は透明な接着剤みたいなもの(これもしばらくするとボロボロとはがれる)でコーティングされているので術後の消毒とかも一切必要なし。
医療技術の進歩のお陰で、ずいぶんと早く退院できるんだなぁ。


歩行はわき腹をかばいながら、ゆっくり、ゆっくり。

くしゃみや咳払いは、うっかり出てしまおうものなら涙が出るほど傷に響くので常にマスクははずせない。




痛みにも慣れてきたら、急に暇になってきた。

ベッドで横になりたいところだが、余計に具合が悪くなりそうな寝心地だし、一旦横になってしまうと痛みで体を起こすのも一苦労なので、ひたすらウロウロ。

気になる点は、術後のお通じがないこと。
全身麻酔を使うと、その間腸の機能も停止してしまうので、術後には腸の動きが悪くなるらしい。
便秘気味になったり、最悪の場合、腸閉塞を起こす人もいる。

あまりに苦しくなってきたので、下剤をもらうことにした。

つらくて長い夜、今晩も寝れず・・・

続きを読む
posted by mizu at 00:00| Comment(0) | 入院生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。